• mayu

使える英語

こんにちは。

”実践的な使える英語を提供していく”、をコンセプトに英語スクールを運営しているmayuです。

まず、皆様のお子さんが通っている日本の学校や塾についてズバリお教えします。

1.大学入試の為の勉強をしており、

2.授業の大半が、紙に書く作業ばかりで、

3.「静かにしなさい」という、教師の言葉が多く、

4.言葉に正解・不正解をつけ、

5.コミュニケーション環境が不足がちで、

6.個々にあった授業を行っていない

現状があります。

どれくらいの方々が、ご存知でしたでしょうか。

ご存じだったとしても、自分達では変えられないと、大切なお子様をそのまま、行かせざるを得ないのかもしれません。

しかし。。。

これで、英語が上達出来るでしょうか?

日本の教育基本方針の指針は’子供たちの力強く生きる’を養う、です。

現場は明らかに方針と矛盾しています。

我々は、’力強く生きる’には、交渉力、対話力、判断力、アイデア力など、個々の意見や思考、考え方に深く関わった教育方法が必要だと考えています。

ペーパーワークをしている環境では、’力強く生きる’方向へと育む教育はできないのは、明白です。

我々がこだわる部分は、生徒様の感情や、考え、創造そして思考を自由に発信できる環境づくりです。

その環境なしには、記憶も、実践もありません。

大切なお子様の為に、親御様が出来る事は、教育現場の現状をもっと知ることだと思っています。

そして、知った後で、どう学習環境を整えられるかを考え、見つける事が大切です。

我々のスクールでは、教育の一方通行ではなく、他社との関わり教育を実践しています。

是非、Tokyo English Academyで新しい教育方法を体験し、お子様の学習において、大切なものを発見してみてください。

大人英語教育も、やっておりますので、是非、問い合わせフォームからお問い合わせください。

#日本の教育#大学入試#ペーパーワーク#静かに#正誤#コミュニケーション#個々#

#力強く生きる#思考力#発信#大切#実践的な英語#

46回の閲覧