• mayu

最高のブラザー

日本に帰って1年9ヶ月。

そしてちょうど今から1年前、人生においてかけがえのない大事なブラザー達と出会いました。

共に助け合い、支え合い、励まし合い 

そして、時には兄のように叱り、父のように心配し、先生のように人生について説く存在。

本当に、彼らから学ぶものはたくさんありました。

出会って半年後、彼らはそれぞれの国へ帰っていき、もう会うチャンスは少ないかもと

心のどこかでさみしくも、悲しくも、人生そんなものだと割り切ろうと思っていましたが。。。

1週間前、一人のブラザーがわざわざ、私に会いに日本に帰ってきてくれました。

久しぶりの再会に、互いの近況報告をしながら、かつて、一緒に行った場所、新しくオープンした場所等々、

懐かしくもあり、新鮮な気持ちで、訪れました。

しかし、このブラザー、何より、一番行きたかった場所が、1年前に私が初めて連れて行ったカレーうどんのレストランだったようで、その味に、惚れ込んでいました。

訪れる先々でも、互いの人生についての展望を、かつて語り合ったように、再び語りました。

楽しく時を過ごしたのもつかの間、あっという間に、ブラザーの帰国日が近づき、今日ついに帰国する事に。

出発前夜、ブラザーと再び、カレーうどんのレストランへ。

そして、その後、鯛焼きやさんへ。

その変わらない行動パターンに、思わず笑ってしまいましたが、

このブラザーがいるのといないのとでは、私の一日一日の風景がずいぶん変わる事に気が付きました。

居なくなって初めて分かるさみしさもです。

本当の兄弟のような仲でした。

だからこそ、何時でも、どんな時でも、お互いを支え合えていました。

彼からの昨夜のテキストは、友達になってくれてありがとう、でした。

それは、私も同じ気持ちです。

今、ブラザーは、羽田空港で、飛行機を待っています。

出発前の電話越しに、またなっ、と、また、会おうな、と。

思わず、泣いてしまいました。

オーストラリアに居た頃は、沢山こんなシーンを経験してきたはずなのに、

何百回も See you againを経験してきたはずなのに、いまだに慣れません。

離れ離れになることは、つらいけれど、

今世界中に散らばっていった私のブラザーシスター達と、

いつでも連絡が取れる程の関係を築けていることは、私にとって、最大の宝物です。

英語って、文化や、国、色んな壁を壊すことが出来るのです。

言葉の壁をなくすだけで、国籍に関係なく、素晴らしい人たちと出会える人生を、想像してみてください。

我々と共に、ボーダレスな人間関係を築き上げませんか?

Tokyo English Academyは、異文化交流を少しでも応援すべく、海外留学のお手伝いもしております。

是非、御興味のある方はお申込みサイトから、お問合せ下さいませ。

#ブラザー#助け合い#支え合い#励まし合い#学ぶ#懐かしい#人生の展望#出発#

#Seeyouagain#ブラザーシスター#関係#宝物#

16回の閲覧