• mayu

レッスンの環境設定

もう、聞くだけの英語を打破して、話してみませんか?

外国語って、自分が発音できなければ、その音は聞こえないし、聞こえたとしても、自分が知っている音の中で、違って聞こえます。

間違った教育方法で教えられてそのまま鵜呑みにして時間を無駄に過ごした人は、どれくらいいらっしゃるでしょうか?

知らないと損する事沢山あります。

また、ネイティブだからと言って、英語を教えられるかと言うとそうではない事、皆様もお分かりだと思います。

文法もまちがえる、綴りもあやふや、文章もどこか意味が通らない事ってざらにあります。

しかも、ネイティブと言えども、教育者になって、実際に教えるには相当な訓練と、現場の熟知が必要です。

それを無視して、ネイティブの先生ばかりにこだわっていると、今現在もしくは過去に習ってきた英語と同じ道をたどりそうです。

それは、ご自身や、お子様にとって、学習が無意味なものになりかねません。

そうしない為には、まず、どういうカリキュラムで、アウトプットはどれくらいあるのかを知る必要があるでしょう。

また、カリキュラムも、先生によってばらばらな教え方では、カスタマイズとは言えませんし、

カスタマイズするというのは、例え先生が違っても同じメソッドやカリキュラムでレッスンが行われる状態でなければなりません。

それでは、学習者様にとって何が必要なのか。

最も必要なのは、レッスンをプログラミングできる人とそれを実行できるガイド役がいるかと言う事。

レッスンをプログラムする人は、メソッドの確たる構築や研究者としての知識がある人で、

教育の実行者は、そのメソッドや教育研究の利点を実行できる、ガイド役になれる人です。

この2つを軸に、レッスンが行われれば、学習様にとって、理想の環境が築けることになります。

是非、一度Tokyo English Academyに来て、この理想の環境を手に入れてみてください。

#理想の環境#第二言語#ネイティブの先生#教育者#相当な訓練#現場の熟知#同じメソッド#カリキュラム#

#プログラマー#ガイド役#

4回の閲覧