• mayu

2018年、2019年、そして2020年

共通言語があれば、人の意志は通じる。

もちろん、それは同じ志を目指す人たちの集まり、と言う意味です。

それでは、実際の言語はどうでしょうか。

これからも、2018年、2019年、そして2020年迄には、沢山の人達が世界中から日本へ来ることでしょう。

そして、今や顧客として日本人だけをターゲットには出来ないのも実情です。

例えば、レストランを経営している人たちは、外国人対応のメニューを出したり、

駅にいる案内係は、英語で、説明できるよう練習したり、マニュアルを作ったり、

既に、身の回りは英語なしには、サバイバルできない状況になってきています。

にもかかわらず、人を、会社を、介しながら、英語対応をしていく事を続けると、

おそらく、経営者側の意図とは異なった情報が伝わりかねません。

2018年、もし、あなたが、英語を日常語として使える程のレベルまでに達したなら、

そこには、新しい気づき、選択、広がりがビジネスにも私生活にもある事は、間違いなさそうです。

2018年、さらに自分自身に投資し、磨きをかけ、輝きのある新しい自分になる為に、

「使える英語」を実践してみてください。

八重洲東京英語アカデミーでは、積極的に、行動し、また向上心をもつ、そんなあなたを応援します。

14回の閲覧