• mayu

試験を受ける子供たち

本日までで、試験を受ける子供たちが英語コースを無事ひと段落。

あとは、テストの本番、明日に思いをはせるのみです。

’せんせ~い、どうしよう、明日こわいぃ’

’これまで、やってきた努力が実るように、’できる、デキル、出来る’と3回唱えること’

小さなお子様の不安を解くためのおまじない。

そう言うと、彼らの不安な様子が少し消え、その顔は次第に晴れて来て、

’せんせ~い、でももし、試験の前にそれを言うの忘れたらどうしたらいいの?’

’思い出したときに静かに手を胸に当てて、’できる、デキル、出来る’と3回心の中で唱えてみて’

’そしたら、出来る?’

’うん、大丈夫、出来るよ’

そして、彼らの顔はニコッと笑顔になり、後ろを時々振り返って、

その度に、私に向かって笑顔でうなずきながら、手を振って帰っていく。

すでに、その後姿は、明日に向かって準備したかのように。

この時、彼らにとっての相当のストレスをコントロールできる状態は、

既に出来上がっています。

レッスンの過程でそれは、テスト用に作り上げられます。

この最後の会話も何でもない会話ですが、

大切な贈り物です。

これは〇〇〇〇〇〇メッセージの為におこなうのです。(レッスンの中で体験できます。)

脳を自身でコントロールするのは、どんな人であっても、子供でも、大人でも、

本番の為のある一定の訓練が必要で、

コントロール出来る状態を作りだすのが、普段のレッスンの中に取り入れられている事が大切なのです。

なぜなら、そうすることで、パニックたり、頭が真っ白になったりすることで起こる脳の思考回路の低下を

回避させることができるからなのです。

重要なのは、〇〇〇〇〇〇ことです。(レッスンの中で体験できます。)

あなた自身をコントロールするカギは、脳なのです。

24回の閲覧