• mayu

いよいよ、

いよいよ、新しい仕事の始まりです。

ワクワク感が出てくるようなお仕事。

でも、まだ内緒です。

精一杯、全力を出し切っていきたいと思います。

日本に帰ってきて、あっという間に時が過ぎ、いまだに仕事に対する面白さや、興味が止みません。

自分の為の仕事だからかな、って思います。

誰かの為ではなく、自分の為に。

どんな事をするにしても、それは大切な事。

生き方は、人それぞれだけど、目標に到達できる人、出来ない人が

出てくる明確な分岐点は、その興味力と継続力、そして、平気力なのです。

平気力ってなんでしょうか?

人は、真っ向から否定されたとき、ショックだったり、憤慨したりするものです。

学んでいるときの過程で、間違うのは当然ある事です。

それで、落ち込んだり、くよくよするようでは、目標への到達は難しいのです。

成功者の多くは、「小さいことにこだわらない」とよく言います。

私の友人でも、成功している人たちの共通点が、まさにそれです。

彼らと話しをする時の話題は、常に新しい事への自分たちの想像したものの提案です。

私の親友の、サラはよく言っていました。

「常に新鮮なものに触れていきたい。

かごの中の鳥で終わるよりも、自由に外へ、どんな世界におり立っても

生きていけるような人になりたい。

自分が納得して行う事は、後悔しない。

どんな結果であれ、自分がやる事の方が大切。」

私も、おなじ思いで生きています。

サラは、今では、それを実践し、1年のほとんどを世界中、飛び回っています。

2018年、再出発、

自分がもっと遠くへ行けるように、常にポジティブで!

八重洲東京英語アカデミー

マユ

30回の閲覧