• mayu

この先生じゃなきゃだめ。

最近、嬉しいことに、「この先生じゃなきゃだめ」というコメントを保護者様から頂きました。

当アカデミーでは、「この先生だからできる」を大切にしています。

保護者様の思いは、お子様との相性の良い先生、ということらしいのですが、

そう思って頂けることは、本当にありがたいことだと思っています。

相性と言うのは目に見えないあいまいな言い方ですが、結局、これは、

学習者様と勉強のやり方が合っているかどうかなのです。

それは、もちろん、レッスン外での時間も含めて、と言う事になります。

成績が伸び悩む事、モチベーションがない事、理解をしない事、様々な問題をクリアーにする為には、

問題を見つけ、対策を整える必要があります。

その解消の最大の要素は、課題取組となるわけですが、課題を行っている学習者様の大半は、

目標達成を成し遂げられています。

レッスン外での時間は、こちらでコントロールできませんが、1週間のスケジュールを設定することによって、

時間の管理ができ、メリハリをつけた学習環境が可能となります。

レッスンの中で、教師が出来る事は、学習者様の○○○○○○○をする事なのですが、これが出来ないと、

学習者様は、勉強に対してストレスを抱え、考えない・使えない教育で終わりがちになってしまいます。

実は、ここ、3か月間、私を信じて付いてきてくれた生徒達がいます。

その内の一人、特にずば抜けて上をいった生徒は、

ここ3か月の間に、英語の成績は、なんとクラスで1位まで達し、最近受けた試験も無事合格しました。

そして、なんとお子様から保護者様に、また、私の所で勉強したい、と懇願したと言うのです。(保護者様曰く)

・・・というのが、以前から、有名校に行っていたらしいのですが、なかなか成績が上がらず、

行くのを結局辞めてしまったという事でした。

最近、その保護者様が来校され、どんな先生か(私)をわざわざ見に来られました(笑)

こういう時って、一番教師冥利(みょうり)に付きます。

これからも、笑顔になれる生徒をどんどん、増やしていきたいなって思います。

「使える英語」でプラスαな選択を!

八重洲東京英語アカデミー

マユ

11回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示