• mayu

学生と大人英語の異なるメソッド導入

学生と言っても、年少から、大学院生迄、様々ですが、ここで言う学生は高校生までになります。

大学からは、学生と言うよりも半社会人的なところがあり、脳の働きも大人と同じ状況になっていきます。

正確には23歳くらいまで(人によって異なりますが)全ての脳の細胞

(特に感情部分をコントロールする前頭葉)は出来上がると言われています。

それも、部位によって異なる為、例えば、学習能力が上がると言われている部位は、もっと若い年代で、

成長が完了したりします。(まだ不明確な部分は沢山残っていますが)

それでは、新しい言語を取り入れる時、いつが一番ベストなのでしょうか?

それは、学生の間が、早い取入れが出来るのは間違いなさそうです。

もちろん、大人になってからも、新しい言語を取り入れる事は出来ますし、伸ばす能力は充分持っています。

ただ、そこには教育のやり方に’違い’があるのです。

英語教育において学生と、大人とでやり方が違うのは、当然のことで、

大人では、ある程度人生経験がある為に、○○○に集中するべきなのです。

しかし、学生の為の教育は、○○○をするべきで、大人の○○○とは相反するのです。

そこを、理解していないと「満足感」だけを得る「英会話」への活動になってしまいかねません。

其々の年代に、ニーズに、目的に合わせた「英対話塾」、

八重洲東京英語アカデミーへの

ご来校を心よりお待ち申し上げております。

まずは、無料体験レッスンからアクセスしてみませんか。

八重洲東京英語アカデミー

マユ

5回の閲覧