特集記事

価値をおく点

January 21, 2018

どこに、なにに、価値をおくか、で人の行動は変わってくるものです。

 

英語に価値を置く人もいれば、全く違うものに価値を置く人。

 

英語という言語をみる時、世界中の多人種が話せる言語であり、

 

多くの人達にとって価値のあることは、間違いないと言えるのですが、

 

英語を長いあいだ、習得できずに来た人たちは、

 

人生の大半を費やしてきたほどの価値を見い出せずにいるようです。

 

 

その原因は、英語を習う時に、皆さんが、どこに価値を置いてきたか、と言う事に関係してくるからです。

 

学校の雰囲気なのか、先生なのか、レッスン内容の楽しさなのか、料金なのか、立地なのか。

 

英語そのものでは、文法なのか、単語なのか、フレーズなのか、流暢さなのか、など。

 

最初に、皆さんが、英会話スクールを選ばれるとき、何に価値を置くでしょうか?

 

大手であれば安心、というような風潮は、色んな所で見聞きしますが、本当にそうでしょうか?

 

実際通い始めると、思ったほど結果が出ない、と落胆したりしていませんか?

 

お子様の場合は、嫌々であったり、通っても、勉強する気が全くなかったりしませんか?

 

日本と、オーストラリアで大きく違うところは、その教育の方法と価値の置きどころです。

 

 

 

最近、日本で、ある方から、こんなお電話を頂きました。

 

’小さいころから、何件か大手の英会話に通わせていました。

 

でも子供が行きたがらず、それぞれ辞めざるを得ませんでした。

 

それで、先生の所へ行くまで、半年間、どこにも行っていませんでした。

 

今、先生のもとで、3か月間勉強させて頂いて、子供が’また、行きたい’と言い始めました。

 

初めて、自分から行きたいと、私にお願いしてきているので、驚いています。’と。

 

 

 

このお電話には、本当にうれしい気持ちでいっぱいになりました。

 

努力することを、進めるか惜しむかは、学習様次第です。

 

子供でも、大人でも、通いたい、という気持ちが、学習習慣を身に付ける始まりになるのですが、

 

ただ、英語を習う為に自分が通う、もしくは子供を通わせるのは、

 

一方的な受け身の教育に終わりかねません。

 

私がミッションとするもの、’使える英語’のメソッドを取り入れる事で、さらに、学習速度を加速させることを

 

可能にしていけるお手伝いをさせて頂きます。

 

しかし、ひとつだけは、学習様に守って頂かなければならず、

 

それなしには、英語脳を迅速に、効率よく鍛えられない、と考えています。

 

それをするか、しないかは、学習様次第で、

 

それにより大きく今後の人生設計や世の中への視点が変わるのは間違いないと言えます。

 

私のオーストラリア方式のレッスンが、出来るだけ多くの学習者様の心に届いていけるよう、

 

そして、学習様が、’使える英語’を実践して、国境のない人間関係が作れるよう、

 

八重洲東京英語アカデミーのレッスンは、常に改革を進めていきます。

 

 

 

 

 

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

12/24 X'mas Party 2017

December 4, 2017

1/2
Please reload

最新記事

July 10, 2018

June 21, 2018

June 17, 2018

Please reload

アーカイブ
Please reload

タグから検索

I'm busy working on my blog posts. Watch this space!

Please reload

ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square